大津ススヌのドドド底辺日記

金なし、人脈なし、社畜ゆえに時間なしの3連コンボを備えたドドド底辺人間による漫画日記(たまに文だけも)。底辺日常を気ままに漫画にして描いていきますのでよければ読んで下さいませ。

【寝れなくて激務?】漫画家アシスタントってどんな仕事?長年経験者が現実をぶっちゃける【給料は?】

f:id:ootsususunu:20190922192359p:plain:w457
f:id:ootsususunu:20190922192409p:plain:w457

今は本格的に漫画活動をしてない自分ですが
(する気もない(笑))
長年、漫画家アシスタントを
やってた時期がありました。。(^o^;)


今回は一般的にもしかしたら謎な仕事
漫画家アシスタントという仕事について
語ってみようと思います!


現在はデジタル作画が主流となって
住み込みではなく在宅の漫画家アシスタントも
ありますが、
あくまで自分がやってた頃の前の話。
住み込みやアナログ作画全盛の頃の話です。


在宅アシスタントは経験がないので
別の話と考えてください。


まぁ商業誌の漫画家アシスタントは
今も住み込みが多いと
思いますんで大した違いはない
と思いますが。。(・・;)


あと、自分は少年、青年誌でやってたので
少女(女子)漫画の方はちょっと別と考えたほうがいいかも。
女子系漫画は描き込み少ないですし、やった事ないので未知ですm(_ _)m


いずれにせよ参考程度に。
漫画業界を敵に回さない程度に書かねば(笑)


当人のススヌ氏のアシスタント歴

基本的に商業誌のとある漫画家さんの所で
長年レギュラーアシスタントとして働いていました。
自分が働くメインとなるアシスタント先ですね。


それとは別に空いた時間や小遣いほしい時、
また勉強がてら、担当編集の紹介で
商業誌漫画家さんのヘルプアシスタント
あちこちでやってました(^^)


ヘルプアシというのは、
欠員が出たり、締切に間に合わない時に入る
臨時アシスタント
となります。
ずっとそこで働くわけでなくあくまで臨時。


色んな漫画家見てきましたよ、良くも悪くも(笑)


漫画家アシスタントってどんな仕事?

漫画家アシスタントという仕事は簡単に言うと


漫画家の漫画の作画作業の補助となります。


だいたい一般的には

背景の作画
効果線、ベタ塗り、トーンなどの仕上げ作業
モブ(町の人だったり観客だったりその他大勢のキャラ等)等、メインキャラ以外の作画


が、主ですが
掃除だったり、食料の買い出し等、家事的な事も
やる事が多いです。


大きい声では言えませんが
メインキャラもアシスタントが描いてる所も
無くはないです。。(笑)
(これはかなり稀です。が、そういった漫画家もいるにはいます。それが悪いとも思いません)


勤務時間は長い?大変なの?

一般的に激務のイメージが
あるのではないでしょうか?


そうですね。。
前置きをさせてもらうと


漫画家によります!!


でも基本的にクソしんどいよって感じです(笑)


漫画家によるというのは、

作画が早い人、遅い人
作画にこだわる人
締切ギリギリまで原稿を描きながらネームを粘る人

という色んなタイプの漫画家がいますからね。


ただ、早い人でもこだわる人でも
締切前は徹夜がほとんどなのできつい仕事なのは
間違いないです。


自分がレギュラーでやってた所は
比較的早かった方だと思いますが
24時間ぶっ通し仕事というのは
特に珍しくはない感じ
でした。


やってて思いましたがやはり
月刊連載の漫画家さんは余裕が比較的あり
週刊連載の漫画家さんは激務が多かったです。


はっきり言って、
週刊連載の漫画家の仕事というのは
常人のできる仕事量を遥かに越えていますので
それのアシってだけでもキツイのは
当たり前っちゃ当たり前ですm(__)m


ただフォローさせてもらうと
それだけ追い込まれている状況で
締切に間に合わせる形で
作業しなければならないので
学ぶ事は多いです。
超きついけど(笑)



週刊連載作家でも稀に
とんでもなく筆が早い才能の塊みたいな
スーパー漫画家がいます。
(雑誌ごとに一人、二人は大体いるw)


そこで働いてるアシの人に
週何日働いてるの?
って聞いたら

「週2日しか働いてないよー」

と言われ驚愕した覚えがあります(笑)
まぁこれは超稀なケースと考えていいです。


こち亀の秋本治先生は
職場にタイムカードがあると有名ですね。

ありえない。。ホワイト職場すぎる。。(笑)


基本的に週刊は
週5日前後(泊まり込みで締切前は徹夜)
昼くらいから夜中まで。


月刊は
月20日程度(締切前は徹夜、自分がやってた所は泊まり込みですが週1位で帰って1日休んだりしてました)
昼から夜中まで。
月刊に関しては漫画家によってバラツキがかなりあると思います。


朝から夜までの所もありますが
基本的には漫画家は夜型の人が多いので朝起きる人はあんまいないです。


漫画家によりますのでなんとも言えませんが
参考程度にこのくらいかな、という感じで。


給料は?安いの?

ここで誰もが少しは興味があるであろう
お金の話を(笑)


これもざっくり言うとですね。。


漫画家によります!!←またかよ!!


これも売れててお金を持っている漫画家、
新人で借金して連載している漫画家、
気前のいい人、セコい人。。(笑)


色々いますからね!!


そこいらの会社員より遥かにもらってる人も
稀にいます。
(そうゆう人は技術が極めて高く、漫画家を目指すというより、漫画家アシスタントとしてずっと食べていくつもりのいわゆる「プロアシスタント」の人が多い)


ただ、自分の経験上、
具体的には言えませんが大雑把に言うと
月10〜20万前後が多かった印象があります。

(ホントに大雑把w)


あくまで自分の経験上です(笑)


勤務時間が長いので時給換算すると
600円も下回る事が多いので
はっきり言って、給料は良くないし
バイトの方が稼げます(・・;)


ただ、飲食代は
漫画家が払ってくれるのが多いので
そこは助かってました。。(^^)


後、ヘルプのアシは日給制でその場で貰える
事が多く、割とレギュラーに比べて
短時間でいいお金が貰えてたので積極的に一時期やってました。


色んな絵柄に触れることは良い勉強
なりましたし。


お金の事を言いましたが、
基本的には自分も含め、アシやってる人は
勉強するつもりで働いているのがほとんどなので、
さほど、気にしてない感じで働いてると思います。

(生活できないレベルだと嫌ですが。。)


終わりに

ざっと漫画家アシスタントってどういう仕事か、
お金事情等、問題無い程度に描いたつもりです(笑)


やはりアシやってる頃、
「どんな仕事なの?給料は?」
と、聞かれる事が多かったので
一般的によくわからない仕事なのかな
と思い書きました(´・ω・`)


漫画家アシスタントしなくても
漫画家になれる人はなれるし
アシをやっても漫画家になれるという
保障はどこにもありません。


しかし、漫画家アシスタントは
作画の技術はもちろん、漫画家とアシスタントの
システムを知る事ができます。
この知識は漫画家になった時にデカい。


また、現場の空気を知る、というのは
かなり貴重な経験となると思います。


もし、漫画家を目指してて
アシスタントをした事がない、という人がいたら、
できる環境があるのであれば
一度は経験することをオススメしますm(_ _)m


まだネタはあるので
もしかしたら続きかく。。かも。。(笑)

漫画家の仕事場: MANGA ARTISTS ROOM (脳下垂体出版部)

漫画家の仕事場: MANGA ARTISTS ROOM (脳下垂体出版部)

  • 作者: 山地ひでのり 小西真冬 栗田あぐり ムラタコウジ 内田慎之介
  • 出版社/メーカー: 能下垂体 出版部
  • 発売日: 2018/01/16
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話