大津ススヌのドドド底辺日記

金なし、人脈なし、社畜ゆえに時間なしの3連コンボを備えたドドド底辺人間による漫画日記(たまに文だけも)。底辺日常を気ままに漫画にして描いていきますのでよければ読んで下さいませ。

ネタ曲マジ曲の高低差が凄い岡崎体育のおすすめ曲10選【ジャンル別】

f:id:ootsususunu:20200217223000p:plain:w457
f:id:ootsususunu:20200217225739p:plain:w457

漫画描いてみて思った。。
なんというかこの人。。
色んな意味で描きやすい。。!!漫画向きな人だっ。。!!
←褒めてます


今回はシンガーソングライター岡崎体育のオススメ曲10選です。
最近はドラマやバラエティ番組に出たりと音楽以外の活動も増えて、ご存じの方も多いかもしれません。
いわゆる面白いネタ曲で話題になりがちな方ではありますが、おふざけの無しのマジ曲も多く作っておりいい曲が多い人でもあります(^^


そんな岡崎体育氏の個人的オススメ曲を、「ネタ曲部門」「マジ曲部門」とジャンル分けして紹介したいと思います!!(+o+)


岡崎体育とは?

f:id:ootsususunu:20200216222300j:plain:w600
↑え。。このアーティスト写真どういうメッセージ性。。。?(笑)

引用:岡崎体育オフィシャルウェブサイト

2012年から活動しているシンガーソングライター。
2016年メジャーデビュー。
2016年5月発売した、アルバム「BASIN TECHNO」収録の「MUSIC VIDEO」にてブレイク。
2019年「30歳までにさいたまスーパーアリーナワンマンライブを行う」という目標を掲げていたが、見事さいたまスーパーアリーナでの1万8000人の集客に成功。


音楽のジャンルとしては、盆地テクノ。


といってもこれは彼が作りだした造語ジャンルであり、基本的に根底にあるものはテクノだとは思うのだけれど、本当に色んなジャンルの曲をやる人なのでカテゴライズが難しいです^^;


パフォーマンス、ネタ曲等面白く、楽曲のクオリティも高いと思います。
いわゆるネタ曲で話題になりがちな人ですが、実は結構シリアスな真面目な曲も作ります。


真面目な曲を聴かせたいが、その為には岡崎体育という存在を知られなきゃいけない。
という考えがあり、そういった所から話題性のありそうなネタ曲を作っている部分もあると思います。


また、自虐的な事をネタにして面白くしたり、本人のキャラクター等、そういった意味では自己プロデュース能力が高い人なのかな、と思います。


ポケモンが好きでアニメのテーマ曲を作っていたりします。
(キミの冒険、ジャリボーイ・ジャリガール、ポーズ
今のとこ配信のみですが、キミの冒険が特にメロディが良くて好きです)

キミの冒険

キミの冒険

  • 発売日: 2018/10/07
  • メディア: MP3 ダウンロード


「ネタ曲」部門

MUSIC VIDEO


岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video
一躍この曲でブレイクを果たした代表曲と言ってもいい曲。
軽快でポップなテクノサウンドに、ひたすらミュージックビデオあるあるの歌詞を突っ込んだ曲。


あるあるはどれも秀逸で、MVと見事にリンクしていて、見ていて「あるある(笑)」と笑ってしまいます(^^)


歌詞の面白さもいいですが、歌詞とリンクさせ、絶妙に転調を効かせているのはさすがだと思います。


そんなこのMV(メディア賞か何かとったはず)の監督は、友人でもあるヤバイTシャツ屋さんのボーカル、こやまたくや氏。
話はそれますが、 この方も、 多才な方ですね(^^)


メジャーデビューアルバム「BASIN TECHNO」
に収録。

FRIENDS


岡崎体育「FRIENDS」Music Video
人形であり岡崎体育氏のお馴染みキャラクターのてっくんとの友情を描いたハートフルな曲。


友達ってなんだろう?
仲間って大事?


そんな素朴なことを、岡崎氏とてっくんとのやり取りで考えてしまう。子供向け番組なんかに使われてもおかしくないような曲のはずなんですが。。


一転、そして脱線(笑)


世にいるバンド達に一石を投じる曲になっております。


岡崎氏の
「ハハッ、いっけね、言わないお約束っ☆☆☆」
が絶妙にイラッと来るのは私だけじゃないはず(笑)

メジャーデビューアルバム「BASIN TECHNO」
に収録。


感情のピクセル


岡崎体育 『感情のピクセル』Music Video
こちらの曲はだいぶ路線変更してバンド体制での、エモ系ラウドロック的な曲。


洗練されたロックサウンドとキマってる抽象的歌詞に

「おいおい、カッコいい路線に変更か!?」
「結局バンドでちやほやされたかったんか!?」

と、思うかもしれませんが心配なさらず(^_^;)
サビでだいぶシュールな事になります(笑)


こういった曲にありがちなトランシーバーのノイズ音から

「。。何て??」

は笑った^_^

メジャー2ndアルバム「XXL」に収録。

Natural Lips


岡崎体育 『Natural Lips』Music Video
大人でファンキーでダンサブルなサウンドに、日本語詞をあたかも英語で歌っているように聴こえる曲。


いわゆるタモリ倶楽部の空耳アワー

英語が日本語に聴こえるにした曲。


ネタ曲として書きましたが、通して聴いてもしっかり作ってあり、英語に聴こえるよう、研究された歌い回しなど感心してしまう事も多い曲。


MVを見てブスか美人か決めて下さい(笑)
メジャー2ndアルバム「XXL」に収録。


「マジ曲」部門

鴨川等間隔


岡崎体育 - 鴨川等間隔 【MUSIC VIDEO】
この曲を聞き、岡崎体育氏を好きになったきっかけである名曲。
一番好きな曲であり、ファンにも人気が高い曲。


ミディアムテンポのロックサウンドに、どこか初期のくるりを感じる曲(多分意識してると思う)


と言っても、岡崎体育氏でなければ間違いなく書けない曲であり、メロディー、詩がとにかく秀逸。


スクールカーストの低い男の、リア充に対する嫉妬心を歌った曲なんですが、なんというか聞いてて嫌な気がしないというか、心地良いくらいで。


橋の上からリア充達を見下ろしてるからパッと見、上にいる感じなんだけど、立場的には見下されている。。


という表現も面白い。


そしてこの人は、リアリティのある日常風景を独自の感覚で、共感できるように描くのがとにかくうまい。


岡崎体育節とでもいいましょうか。


星野源氏が岡崎体育氏のことを
「いろんな音楽のおいしいとこ取りするのが上手」
と評したらしいのですが、それは感じるし、この曲は
Jロックのいい部分と岡崎体育氏のオリジナルスパイスが絶妙にうまく合わった曲という感じ。


この曲がいいと思う方は「エクレア」「私生活」という曲もオススメ。
初期の頃の曲でありますがメジャー2ndアルバム「XXL」にリテイクして収録。


スペツナズ


岡崎体育 - スペツナズ 【Music Video】
メジャーデビューアルバム「BASIN TECHNO」
に収録。


一切ボケなしの日本語と英語が折り混ざった歌詞。
世界観はシリアスで戦場を歌った歌詞で、戦場へ向かう兵士、取り残された家族。


断片的ではあるものの想像力を掻き立てるような抽象的な歌詞。
洗練された美しいバンドサウンドとテクノサウンド。


きっと岡崎氏の印象が変わる一曲です。


岡崎体育 『式』Music Video
美しいピアノの旋律でしっとりした雰囲気の聴かせるバラードナンバー。
刺さる人にはすごく刺さると思う。


子供時代から、歳をとり老いていく人生そのものを描いた曲。


後半は主人公が認知症になってしまう。
そんな曲をかけるのはやはり、岡崎氏が真摯に音楽と向き合っているからこそ。


自分はまだ考える歳ではないけど

「先に呆けてしまえば 寂しくないかな」

なんて歌詞は、聴いていても胸が切なくなりますね。


20代でこの歌詞書くんだもんなぁー。。(*_*)
メジャー2ndアルバム「XXL」に収録。


なにやってもあかんわ


岡崎体育 『なにをやってもあかんわ』 Music Video
こちらは何も考えずに聞いてほしい一曲。


軽快なポップでシンプルなパンク的サウンドと、徹底的に「諦めた」歌詞。


こういった曲は最後に希望を見せるのが、ある種定説といいますか。。
しかしこの曲にはそんなものはありません!(笑)


ただ、それが気持ちいい。


やっちまった!!
もうダメだ!!

なんて事は生きてれば誰にでもあるもの。


そんな時に、応援するわけでもなく

「難しく考えなくていいんじゃない?あかんもんはあかん。そんな事よりこの曲聞いたらバカらしくなるかもよ?」

と、そんなメッセージが聴こえてくるような、気楽にしてくれる曲。


岡崎体育らしい岡崎節が光る曲。
にしても低予算MVが似合う人だな(笑)
サードアルバム「SAITAMA」に収録。

SNACK


岡崎体育 - SNACK 【MUSIC VIDEO】
岡崎氏の心地良いラップが聴ける曲。


なんというか、トラックもリリックも凄く馴染みやすくてのんびり聴ける曲。


ラップが苦手な人でも聴ける曲だと思います。


詳しくないけど歌詞にある

「使えるギミックをまたスルーしてる
like a イワヤマトンネル フラッシュ無しでGO」

ってポケモンの事??(^_^;)
メジャー2ndアルバム「XXL」に収録。


番外編 一度きりのライブ曲「トロッコにのって」


岡崎体育 「トロッコにのって」Promotion Video
番外編で岡崎体育氏のライブがどんな感じか伝わると思い紹介。
アリーナ公演で一度だけ披露された幻の曲。


なぜ「一度きり」かは曲を聴けばわかるはず。
サビまで聴いたらきっとあなたも思うだろう。


「なめとんか、ワレ」と(笑)


そんな面白楽しい初さいたまスーパーアリーナ公演を映像化したものがこちら。

おまけ こうゆうの見たら一人でコツコツ頑張ってきたんだなぁーと思う映像。


岡崎体育MC集@新宿LOFT(2015.2.20)
2015年の新宿ロフトライブ映像。


終わりに

というわけで岡崎体育氏のおすすめ曲でした。


こういった振り幅が大きいアーティストは個人的にふいにとんでもない名曲を生み出しそうな気がしています。


ネタ曲ではふざけたり面白おかしくしていますが、曲を聴けば聴くほど、音楽に真摯に向き合って作っているのを感じるのです。
そういった部分が一番好きな所。


今後も目を離せないアーティストの一人です(^^)


あ、今年自分がよく行ってるロックフェスのビバラロックに出るようなので、初の岡崎体育ライブを見る予定です!今から楽しみ!\(^o^)/

www.ootsususunu.work
www.ootsususunu.work
www.ootsususunu.work