大津ススヌのドドド底辺日記

金なし、人脈なし、社畜ゆえに時間なしの3連コンボを備えたドドド底辺人間による漫画日記(たまに文だけも)。底辺日常を気ままに漫画にして描いていきますのでよければ読んで下さいませ。

Hi-STANDARDの全アルバム・シングルとおすすめ曲の紹介【ハイスタンダード】【メロコア】

f:id:ootsususunu:20200506110249p:plain:w457
f:id:ootsususunu:20200506110301p:plain:w457

自粛で全然カラオケ行けてないな。。(泣)


ジャパニーズパンクロックの金字塔的バンド・ハイスタンダード、通称「ハイスタ」。
大好きなバンドであります。


というわけで今回は、ハイスタのおすすめ曲と、全アルバムまたシングルの感想を含めた音源紹介といこうと思います!!


まずHi-STANDARDってどんなバンド?

f:id:ootsususunu:20200505232007j:plain:w600

引用元:Hi-Standard公式サイト

Hi-STANDARD ハイスタンダード

横山健(ギター・コーラス)
難波章浩(ボーカル・ベース)
恒岡章(ドラムス・コーラス)

からなる3ピース・パンクロックバンド。
ジャンルとしてよく言われるのは『メロコア』
最近はメロコアって言葉自体、聞かなくなってきたけど、メロディアスなパンクロックといった所でしょうか。


シンプルな3ピースのバンドサウンドで、キャッチーで印象的なギターのリフが特徴的。
コアなロックもやりつつ、ポップさ、キャッチーさもあり、詞は前向きで明るいものが多い。
スピーディーな曲が多く、3分未満で終わる曲がほとんどです。


歌詞は全編英語詞であり、今でこそ珍しくないが、ハイスタの初期活動時は日本の音楽としては珍しく、日本人が英語詞のロックを歌うと言う事を浸透させたバンドでもあります。


近い音楽で言うと、USメロコアバンドの
バッド・レリジョン、NOFX(ノーエフエックス) 
あたりが近いと思う。
特にNOFXは同レーベルに所属していた時期もあり、親交があり、音楽的にも影響をかなり感じるバンドだと思います。


インディーズでありながら3rdフルアルバム「Making The Road」は100万枚以上を売り上げるという偉業を成し遂げ爆発的に知名度は全国区へ。


また、ハイスタのブレイク後は一時期、日本のインディーズロックシーンは、英語詞のメロコアバンドに溢れました。
現在のロックシーンで活躍しているバンドにも影響を与えており
マキシマムザホルモン、MONGOL800、10-FEET、銀杏BOYZ、WANIMA。。など日本のロック史に与えた影響は計り知れず。


90年代に当時としてはまだ珍しいロックフェスティバル「AIR JAM」を企画し、最多で五万人以上を動員する規模のビッグフェスとなっている。


2000年に人気絶頂の中、活動休止、
2011年に活動再開。


1stミニアルバム「LAST OF SUNNY DAY」

インディーズ時代のハイスタの原点と言えるミニアルバム。

これ以降の作品に比べると楽曲のキャッチーさは少なく、音質もまだ良いとは言えない。
しかしながら聴けば聴くほど良さが滲み出る6曲で構成されており、
特に「SUNNY DAY」「YOU AND ME」がおすすめ。


ハイスタの原点が知りたい方はマストな一枚です。

1stフルアルバム「Growing Up」

1stフルアルバムの今作。
前作のミニアルバムと比べ、音の方向性が固まり、いわゆる我々が認知してる「ザ・ハイスタ」節が全開なアルバムであります。
全てが激しく切なくキャッチーかつポップ!


中でも「MAXIMUM OVERDRIVE」が好きでして、とにかくイントロがカッコいい。
重いリフから一転、軽快なギターが鳴り響くイントロで一気に心掴まれる事でしょう。

Hi-STANDARD - Maximum Overdrive [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
「Growing Up」「Lonely」も疾走感がありつつ、哀愁感も感じてオススメ。

Hi-STANDARD - Growing Up [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
ミディアムテンポな「WAIT FOR THE SUN」も良い。
「New Life」はポップかつ、イントロのベースのフレーズが耳に残る。

Hi-STANDARD - New Life [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
ハイスタの伝家の宝刀カヴァー曲もこの頃から健在で「Saturday Night」などカバーセンスが光ります。


ハイスタの初期にして、ハイスタワールド全開の一枚です。

1stシングル「KIDS ARE ALRIGHT」

3曲入りのシングルです。
表題曲の「The Kids Are Alright」はザ・フーのカバー曲であり、見事にハイスタ風に消化したカバー曲。

Hi-STANDARD - Kids Are Alright [OFFICIAL MUSIC VIDEO]


「Close To Me」「My Heart Feels So Free」の2曲はアルバム「ANGRY FIST」に収録されている曲であるが別バージョンなので、好きな方は聞いて見る価値ありデス。


KISSをパロったジャケットが印象的(笑)


2ndフルアルバム「ANGRY FIST」

前作に比べ、アルバム一曲一曲がまとまっており、アルバムの完成度が高い作品。
ファンの中でもこのアルバムが1番好きという人も多いはず。自分も好きな曲だらけのアルバムです(^^)


イントロのギターリフが印象的なハイスタですが、その中でも抜群のインパクトを誇る
「FIGHTING FISTS,ANGRY SOUL」
つい一緒に叫びたくなる事でしょう(笑)

Hi-STANDARD - FIGHTING FISTS, ANGRY SOUL [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
名曲を見事にハイスタ色にカバーした
「HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN」


ポップでキラキラした「Sunshine Baby」
カッコよさと、どこか哀愁感を感じるナンバー「The Sound of Secret Minds」もオススメです。

Hi-STANDARD - The Sound Of Secret Mind [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

3rdフルアルバム「Making The Road」

名盤。日本のロック史に残る名盤でしょう!
ハイスタで1番有名なアルバムであり、インディーズにして100万枚以上を売り上げたモンスターアルバム。
ハイスタの中で1番聴いたし、捨て曲ナシの1番好きなアルバムです。
ハイスタ聴いたことない方はこのアルバムから入れば間違いないかと(^_^;)


ロック、ハードコアなど今までの音楽を奏でつつも
、ボサノバなど色んな要素を取り入れているアルバム。
しかしどの曲もキャッチーでカッコいい、ハイスタらしいパンクロックが詰まっている。


もはや代表曲であり名曲「Stay Gold」
歌詞が良い、メロディーが良い、演奏が良い。。
とにかく良い!!

Hi-STANDARD - Stay Gold [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
「Dear My Friend」
「Stay Gold」に並ぶ名曲であり、こちらもキャッチーで、友情を描いた歌詞も良いです。


2分もなく、あっと今に終わってしまう「glory」。メロディが秀逸。


凄まじい疾走感とメロディと演奏と歌詞にストーリーを感じる「Starry Night」。夜空の下聞きたい曲。


「Brand New Sunset」
ハイスタで1番好きな曲かもしれない。
夏の夕暮れが浮かぶ曲で歌詞、メロディともに泣ける曲です。
イントロのアルペジオが印象的。
そしてラストの歌い終わってからの、畳み掛ける様なギターリフ。。最高。。泣けます。。(TOT)

Hi-STANDARD - Brand New Sunset [OFFICIAL MUSIC VIDEO]
正直ハイスタが長い年月活動休止になっても、ハイスタの名が衰える事なく存在し続けたのは、活動休止前の最後のフルアルバムがこの作品だったからというのも大きいと思う。


2ndシングル「Love Is a Battlefield」

活動休止前の音源で、4曲入りのシングル。
シングルで2曲はカバーなんですが、主にラブソングで構成された非常に聴きごたえのある音源となっております! 


どこかセンチメンタルなメロディーで、1分弱でショートな曲、それが良い「This Is Love」


ハイスタのカバーセンス爆発!
まさかの「はじめてのチュウ」のカバー
「My First Kiss」


エルヴィス・プレスリーの名曲のカバー
「Can't Help Fallin'Love」
あの漫才のM-1グランプリでも使われてるおなじみな曲。

16年半ぶりの復活3rdシングル「ANOTHER STARTING LINE」

表題曲である「ANOTHER STARTING LINE」は、ミディアムテンポのキャッチーでメッセージ性が強い曲。

「家に帰ってきたよ、オールドキッズはいい感じさ
これは僕たちの時代のストーリーの歌」

と歌うメッセージに、復活を待ち焦がれたファンは歓喜したはず。私はした(笑)

Hi-STANDARD- ANOTHER STARTING LINE- Full ver.(OFFICIAL VIDEO)

4thシングル「Vintage & New,Gift Shits」

前作のシングルから比較的早いスパンで発売されたシングル。
コチラのシングルは全てカバー曲で構成されており、以前スプリットアルバムに収録されていた貴重な音源

「Money Changes Everything」
「Happy Xmas (War Is Over)」

も収録されている。


有名曲の「You Can’t Hurry Love」のカバーは、原曲の良さもあり、ハイスタの良さも感じる軽快なナンバー。
PVがなかなかに酷くて笑えます(笑)

Hi-STANDARD - You Can't Hurry Love(OFFICIAL VIDEO)


4thフルアルバム「The Gift」

そして長い休止期間から、シングルを経て満を持して発売された、待望のフルアルバム。


今まででのアルバムにはない顔も見せつつも、ハイスタらしさは変わらず。


ついつい、あのハイスタが帰って来た!!といいたくなるハイスタ節全開の「All Generations」

Hi-STANDARD -All Generations(OFFICIAL VIDEO)


表題曲であり、どこか乾いた疾走感を感じる楽曲、サビのメロディが、どこかメランコリックで沁みる「The Gift」

Hi-STANDARD -The Gift(OFFICIAL VIDEO)


キャッチーでライブでみんなで大合唱したら最高だろうな、と思える聞いてて気持ちいい曲「Free」

Hi-STANDARD -Free (OFFICIAL VIDEO)
新しくもあり、だけど変わらない「今の」ハイスタンダードを感じれるアルバムとなっています。

ハイスタのヒストリーを知りたいならDVD「SOUNDS LIKE SHIT the story of Hi-STANDARD / ATTACK FROM THE FAR EAST 3 」がオススメ!

こちらは映画として公開されたハイスタンダードのドキュメントをDVD化したもの。


ハイスタンダードの歴史における光の部分、そして闇の部分もしっかり描かれている本作。
メンバー間の確執や活動休止、再開のリアル。
華々しい成功をしたバンドの裏側には壮絶なストーリーがあった事がわかります。


もちろん、ライブ映像もありますのでそちらも十分に楽しめます!!

【DVD 4/22発売】SOUNDS LIKE SHIT- the story of Hi-STANDARD Trailer

終わりに

というわけでハイスタンダードの音源、オススメ曲を紹介させて頂きました(^^)


WANIMAといった、ハイスタの遺伝子を確実に受け継いでいるバンドが、国民的バンドとなり活躍しだしたりと、ハイスタンダードの影響力はやはり凄いバンドと感じています。
(まさかあのピザ・オブ・デスから国民的バンドが出るなんて夢にも思ってなかったw)


リアルタイムでハイスタンダードの活動休止などを見ていた身としては
「活動再開は絶望的だな」
と思った時期はあったのですが、結果的に再結成し、今もパンク界の最前線で活躍している。


それだけで素晴らしい。
サブスクを解禁したりと今だ話題は絶えないバンドですが、これからもこの現在進行形のモンスターバンドを応援していこうと思います(*^^*)



www.ootsususunu.work
www.ootsususunu.work
www.ootsususunu.work